【お知らせ】&【日々のこと】

2021 / 06 / 15  10:02

小さな雑木林プロジェクト の巻

小さな雑木林プロジェクト の巻

 

オウ :「オウレット周辺も緑豊かになってきました」

 

レット:「冷え込みや遅霜の心配がなくなって早10日。今年も半年過ぎ、時は移ろっています」

 

オウ :「仕事的に言えば忙しくはない、畑はやることたくさん」

 

レット:「一昨年まで、あれやこれやの仕事をどうこなしていたのか・・・不思議なくらい」

 

オウ :「すっかりリタイヤの域に入ってない?」

 

レット:「ハッピーリタイヤ生活!ってな訳にいかないでしょう。まだ年金頂くのに相当年月がある」

 

オウ :「コロナ禍で人生何があるか分からんのが現実になったからね」

 

レット:「今の状況に慣れて心地よさを感じてる場合じゃない!」

 

オウ :「こんな時だから、隣の放棄地になってしまった雑木林をお手入れ」

 

レット:「面倒を見る人が居なくなって数年、ヤマフジが縦横無尽に伸びて悪さをしている」

 

オウ :「大きくなる一方のヤマフジを伐採」

 

レット:「とはいえ、人の手の届くところは2mほど。ざっと10m以上の高さになっているほとんどが取れない」

 

オウ :「フジの木は柔らかいもち肌(?)、根元の太い幹も切り易かったのが幸いです」

 

レット:「絡みつかれた木が解放されたのか、生き生きと伸び始めたね」

 

オウ :「今はヤブデマリ(写真↑↑)が美しい、先月はウワミズザクラが咲いていた」

 

レット:「こんな木があったんだって嬉しくなり、これからも少しずつ手入れしていい雑木林を作るぞ!」

 

オウ :「目標がいい雑木林って・・・それはもう、木こりさんだね」

 

レット:「雑木林で見つけた珍しいサイハイラン」

IMG20210613091628.jpg

 

 

オウ :「今年はお花が咲かなかったけど、ヤマシャクヤクの株もあったよ(昨年見つけた花↓↓)」

山菜&お花盛り の巻

 

レット:「雑木林に無限の可能性を感じる!!」

 

 

オウ :「僕は今、畑の苺たちに夢中なんだ」

 

レット:「路地イチゴの収穫期でとっても美味しいよ」

IMG20210612180544.jpg

 

オウ :「今年はカラス除けのテグス(糸のようなもの)を張ったら結構収穫できるんだ」

IMG20210613093943.jpg

 

レット:「相当食べられていたんだよ。カラスはいつも見ているもん」

 

オウ :「カラスの視線は感じる。そして、彼らは朝は早いし夕方も遅くまで狙っているんだ」

 

レット:「夜明けすぐと完全に日が落ちるまで飛んでるよね。働き者」

 

オウ :「蟻も同じく、夜明けから日暮れまで働くすごいやつ」

 

レット:「蟻いるところに害虫あり。ブルーベリーの木には捕っても捕っても虫さんがいる」

 

オウ :「近所の農家さんに殺虫剤で退治しろって言われてたね」

 

レット:「あり得ない・・・けど、忙しい農家さんならそうするよね」

IMG20210613094015.jpg

 

オウ :「今年は大雪の影響で果樹たちの枝が折れ、ダメージはありますが愛情込めて育てています」

 

レット:「化学肥料も使っていないの自然のまま。安全な食べ物を育てています」

 

オウ :「でも他の畑より成長の悪さが気になるんだ・・・、化学肥料恐るべし」

 

叫び :化学肥料も農薬も使わない、楽ではないけど自然の恵みとともにの志だね

 

 

 

 

2021 / 05 / 28  21:31

栃木県・男体山の雄大な姿

栃木県・男体山 雄大な姿

 

今日の奥日光はスキッと晴れ!

雲のない男体山の雄姿を望むことが出来ました。

戦場ヶ原は緑が増え、なんと早くも、ワタスゲの穂がたくさん出来ていました。

そして、戦場ヶ原から湯滝へ向かう森の中はアカゲラの集会あり?と思うくらい、そこここで目撃。

湯川ではオシドリのつがいも見ることができ、感激でした。

 

IMG20210528150213.jpg

 

 

湯滝の周辺の新緑は、人で言えば「中学生くらい」に成長!

IMG20210528164819.jpg

 

 

そして、今年生まれたシマヘビの子供を見つけました。

幼蛇はとってもかわいい顔をしています。

毒蛇ではありませんが、歯が鋭いため取り扱いにはご注意ください。 

IMG20210528172528.jpg

 

奥日光はペンションオウレットより約1時間です。

 

 

 

2021 / 05 / 26  21:56

庚申山から鋸山を越え皇海山へ帰りは六林班

庚申山から鋸山を越え皇海山へ帰りは六林班

 

5月25日、今シーズンの皇海山登山の始まりとして下見に出かけました。

前泊の庚申山荘では夕暮れを見ながらひとり夕食。

P5255630.JPG

一人での庚申山荘は寂しくもあり、気楽でもあり。

トイレがエンジン故障のため使用中止でしたが、近日中に修理されると思います。

P5255628.JPG

翌日は快晴ながら風が強く、庚申山では霜柱があるほどの寒さ。

P5265669.JPG

石楠花とシロヤシオやムラサキヤシオが咲く中、皇海山へ。

残雪はなく、笹は刈られており歩きやすかった。

鋸の剣以外に六林班は歩きにくいところもあり注意が必要。

P5265685.JPG

 

<<今回のタイムスケジュール>>

起床4時 ー 庚申山荘出発5時15分 庚申山6時15分 鋸山8時 ー 皇海山9時25分

鋸山10時50分 ー 六林班11時25分 ー 庚申山荘14時 ー かじか荘16時15分

休憩入れながらのソロ登山のコースタイムです。

 

 

皇海山クラッシックルートの登山ガイド、ご用命お待ちしております

 

 

 

 

2021 / 05 / 24  21:38

尾瀬ヶ原の水芭蕉2021

尾瀬ヶ原の水芭蕉2021

 

今年の尾瀬ヶ原の水芭蕉はやや早めの見頃を迎えています。

今日現在まで霜にやられることもなく、美しいままのお花が楽しめます。

鳩待峠からの森林地帯の残雪は無くなり、ストレスなく歩けます。

P5245622.JPG

【尾瀬ヶ原】山ノ鼻付近の水芭蕉と燧ケ岳

 

P5245624.JPG

【尾瀬ヶ原】下ノ大堀の水芭蕉と至仏山

 

リュウキンカの黄色い花の開花が始まり、水芭蕉とのコラボが楽しめます。

これから高山植物の芽生えと開花が増えていき、緑豊かな湿原になっていくでしょう。

水芭蕉も6月中旬頃までは尾瀬のどこかで咲いています。

 

 

 

2021 / 05 / 18  18:43

尾瀬・奥日光 癒しのお花たち の巻

尾瀬・奥日光 癒しのお花たち の巻

 

今年は平地の桜開花が異例の早さでした

山間部は4月~5月の平均気温が4℃程低く推移し、開花は例年並みか遅れている感じです。

どんな天候であっても、時期が来ればお花を咲かしてくれる。

当たり前のことですが、嬉しい。

取り分けこのコロナ禍で当たり前の事が難しくなっていますので、嬉しさひとしお。

 

本日はあいにくの曇天でしたがフォトコレクション公開!

 

<尾瀬国立公園>

鳩待峠登山口から入山

P5185612 (2).JPG

残雪やや多めの至仏山

鳩待峠⇔山の鼻は日陰になるところに残雪あり、足元にご注意ください

 

P5185608 (2).JPG

 尾瀬の中で水芭蕉の群生が早いテンマ沢、見頃です(鳩待峠⇔山の鼻間)

 

<日光国立公園>

奥日光

IMG20210518141719.jpg

湯ノ湖 周辺はアズマシャクナゲ見頃、日陰で5分咲き

 

IMG20210518141947.jpg

 色が濃いものから白っぽいものまで、華やかです

 

 

IMG20210518132814_BURST000_COVER.jpg

小滝付近のミヤマカタバミ、小さくても可憐です

 

IMG20210518124837_BURST000_COVER.jpg

東国ミツバツツジ 咲き始め

 

IMG20210518125120_BURST000_COVER.jpg

アオイスミレ?、スミレは種類が多く判別困難

たくさん咲いています、可愛い

 

P5125598.JPG

キビタキ

 

P5125594.JPG

オオルリ

木々の葉っぱが小さいうちは、野鳥が見つけやすい

 

木々も冬芽のコート(鱗片)を脱いで、春の芽吹きの盛り

IMG20210518141356.jpg

 芽吹きの下のベンチには、冬芽の鱗片が落ちています

IMG20210518141320.jpg

 

 

IMG20210518130040_BURST000_COVER.jpg

ハウチワカエデは芽吹きと一緒にお花が咲く

 

心と体のリフレッシュになりました。

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...